Menu

院長挨拶・紹介

Home
院長挨拶

院長 鶴留 洋輔

平成20年10月8日に小倉南区葛原東に「つるどめ乳腺・大腸・肛門クリニック」を新規開院させて頂きました。今回ホームページのリニューアルに伴い、自分自身と医院の紹介も兼ねてご挨拶とさせて頂きます。

小生は北九州市戸畑区に生まれ育ち、平成3年に産業医科大学を卒業後、同大の第一外科学教室に入局致しました。
平成11年3月には産業医科大学大学院を終了し医学博士を取得致しましたが、研究テーマが主に発癌過程における酸化的DNA損傷とその修復機構であったことからも、癌関連疾患に関しては基礎的及び臨床的な両面から特に興味を持ちました。

その前後を含め同大学病院第一外科・九州厚生年金病院・門司労災病院等での勤務を経た後、平成14年から同大学病院第一外科の助手として勤務することになりましたが、その際専門領域である消化器・内分泌外科領域の診療に携わってきた中でも、特に今回新規開院するにあたって専門診療領域として標榜しております、乳腺・内分泌疾患及び大腸・肛門疾患に多く携わることになり、更にその領域での癌だけでなく、良性疾患や急性期疾患を含む多種多様な疾患にも従事し、外科的な研鑽を積んで参りました。

しかしその診療の過程において、外科的な治療だけではどうにもならない治療困難な進行症例に遭遇することも多々あり、その度ごとに癌を始めとする悪性疾患に関しては特に早期発見・早期治療が重要であり、検診率の向上等のための啓蒙的な診療領域が必要と痛感するようになってきました。
その一方で、総合病院ではなかなか診療する機会が少ない割にその頻度は日本人では比較的高い肛門疾患に罹患して苦悩する方が非常に多いことを目の当たりにし、肛門疾患に関する草の根的な診療ができないものかと考えるようにもなりました。

そういった経緯を踏まえ、下記の如く主に3点に絞った理念のもと、即ち日本人女性の癌罹患率が最も高い乳癌の早期発見のための乳癌検診の受診率向上、大腸癌の早期発見・早期治療のための大腸内視鏡等での大腸癌検診の受診率向上、日本人に多い肛門疾患の日帰り手術等での専門的
治療を目指して、今回の新規開院に至りました。

それ以外にも当院の特徴として、女性の患者様が多いことが予想されたことや取り扱う疾患が特殊な領域であることもあり、女性専用外来及び待合室を設置することでプライバシーにも配慮し、また乳癌術後に発症する頻度が高いリンパ浮腫に対する相談やリンパドレナージ術やバンテージ法等の専門的治療が可能なリンパ浮腫相談・治療室も併設し、更に種々の癌に関する抗癌剤治療や特殊な診療の施行時にも患者様が不安なく治療に集中できるよう個室設備も整え、多種多様の癌関連疾患にも対応していきたいと考えておりますので、お悩みや不安なことなどございましたら何でもお気軽に当クリニックまでご相談ください。

院長紹介

学歴

平成3年3月 産業医科大学医学部 卒業
平成11年3月 産業医科大学大学院 修了

免許・資格

・日本乳癌学会 乳腺専門医
・日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
・日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
・がん治療認定医機構 がん治療認定医・暫定教育医
・日本外科学会 外科専門医
・日本医師会 認定産業医

学位

平成11年3月 博士(医学)の学位授与(発癌過程における酸化的DNA損傷とその修復機構に関する研究)

職歴

産業医科大学病院・九州厚生年金病院・門司労災病院などを経て、平成14年4月産業医科大学医学部第一外科助手に就任し、同退職後、現在に至る。

賞罰

1997AACR-Rhone-Poulenc Rorer Young Investigator Awards
(88th Annual Meeting of Association for Cancer Research in San Diego, CA, April 12-16, 1997)

診療時間

見出しが入ります

〒800-0206
福岡県北九州市小倉南区葛原東3-2-7
【TEL】 093-471-0881
【FAX】 093-471-0887
【駐車場】 医院正面にあります
ページトップ